『ボヘミアン・ラプソディ』ゴールデン・グローブ賞にて最優秀作品賞&主演男優賞 ダブル受賞!

(C)2018 Twentieth Century Fox

伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』。

第76回ゴールデン・グローブ賞授賞式にて映画ドラマ部門の最優秀作品賞を、ラミ・マレックが最優秀主演男優賞を受賞するというダブル受賞を果たした!

ロサンゼルスで行われた授賞式には、音楽総指揮を務めるクイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーも揃って出席。プロデューサーのグレアム・キングは、ラミ・マレック、キャスト、クルー、そして“クイーン”本人であるブライアン・メイとロジャー・テイラーに向けて、映画製作を支えてくれた感謝を述べ、1991年に45歳で他界したフレディ・マーキュリーに対して「フレディ・マーキュリーへ。あなたの真実の物語を映画として世に贈り出す力をくれて感謝しています。この映画はあなたのためのものです。」と檀上でスピーチした。

最優秀主演男優賞を受賞したラミ・マレックはスピーチ冒頭から感激して、製作陣、共演者、両親に感謝の意を述べ、そして「ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、クイーンは、私たちに、世界に、音楽業界に、多様性を受け入れること、ありのままでいることの大切さを教えてくれたことに感謝しています。そして、フレディ、人生で最高の時間をありがとう。あなたのことを心から尊敬しています。あなたは本当に美しく、素晴らしい人です。僕がこの賞を受賞出来たのはあなたのおかげです。この賞をあなたに捧げます。」と述べた。

これでアカデミー賞の作品賞、及び、主演男優賞の最有力候補としてノミネートが濃厚となった!

大ヒット絶賛上映中!!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP